MICROBUBBLEマイクロバブル販売事業

ABOUT MICROBUBBLEマイクロバブルとは

マイクロバブルとは、水と空気のみを原料として作り出された超微細な泡のことです。マイナスの電荷を帯びた炭酸の2000分の1以下の大きさのマイクロバブルは、毛根の細部にまで入り込んで汚れを吸着、除去します。これを利用することで、肌や髪の細胞間の洗浄・保湿・保温・石鹸の泡立ち・繊維間の汚れ除去・土や植物根への酸素供給を助けます。

Create Exitement,Back to the Nature足すのではなく、良さを引き出す美容法

marbbとは

私たち株式会社東空が扱う「marbb」とは、⽔に空気をナノレベルで混合する、美容サロン用のマイクロバブル発生器です。シャンプー台に接続することで、誰でも簡単に使用可能な「かけ流し型」による特殊な超微細気泡を発生させ、かけ流すだけでも素髪に戻し、その場で⾒違える美しさを引き出します。

特殊な技術によって⽣み出された加圧マイクロナノバブル効果は、頭⽪改善だけでなく、美髪化、髪質改善、今までにない薬剤の浸透率にまで幅広く貢献します。⼿触りの良さ、極上のツヤ、美しいカールトリートメント・薬剤の効き、うねりの伸び、短いドライ時間、その仕上がりの感動は、まさに魔法にかけられた体験となるでしょう。

FEATUREmarbbの特徴

マイナス電荷の吸着力で細部の汚れまで除去

従来の炭酸ガスでは、その気泡の大きさから毛根の細かい隙間まで入り込むことができず、表面の汚れしか落とせなかったことに加え、炭酸の気泡がはじけるときの「水の勢い」によって汚れを落とすという仕組みであるため、十分な除去ができませんでした。一方でマイクロバブルは、驚異的な気泡の小ささで毛根の細部にまで入り込み、「マイナスの電荷」のもつ吸着力で、髪や頭皮に付着した油分や汚れを吸着し、細部の汚れまで確実に除去します。
髪に付着している汚れだけでなく、頭皮炎症の原因となるシャンプー剤やカラー剤・パーマ剤を徹底的に洗浄いたします。marbbの洗浄力は、残留皮脂量の計測で、10倍以上の成績をほこります。

一瞬で生まれる、髪の輝き

marbbを使用した髪の毛は、汚れが徹底的に除去されただけでなく、髪の一本一本のアクアバランスを整えるため、クセのおさまりや、根元の立ち上がり、驚きのウルサラな手触りが現れます。サロンでサービスを体験した被験者のほとんどの方が、「数日間、自宅に帰っても効果が持続した」とアンケートに答えています。自宅でのケア次第で効果が持続するため、サロンでの物販商材を強くお勧めすることが可能です。
marbbシステムの原点は、日本の農業発展。植物にあげても安心なmarbbは、お客様の頭皮や髪にも優しい効果をもっています。小さなお子様からご年配のお方まで、どなたにでも安心してサービスを提供することが可能です。

気持ちのいい演出効果

marbbが圧倒的な人気を誇っている理由の一つに「実感できる体験」を提供している、という点があげられます。「ブクブク」「ピリピリ」のような、エステやマッサージを施術されているような「気持ちのいい演出効果」を実感できるため、リピートするお客様が絶えないのです。気泡の癖になる感触と刺激は、まるで頭⽪をエステされる感覚に。⼤⼈から⼦供までお客様から「また、あれやりたい!」を⽣み出します。
また、気泡電子の刺激によって「ポカポカ」する血行促進効果も期待できます。仕上がりの良さだけでなく、シャンプーの時間をより「面白く」「楽しく」「気持ちよく」することで、お客様の満足度も高めることができます。

ランニングコスト0(ゼロ)の経営力

marbbは、ボンベの交換やフィルターの交換などのランニングコストが一切かからないため、炭酸泉のような 在庫の発注管理や、施術のストレスがありません。また「マイクロバブル年パスチケット」や「顧客全員に提供」など、使い放題メニューの組立による新しい展開をお店で導入することが可能となります。
ランニングコストのかからないmarbbは、お客様だけでなく、スタッフも毎日使用することができます。薬剤をよく落とし、その後の保湿クリームや医療用の薬剤の浸透をよくすることは、働く皆様の手荒れを「予防美学」という観点から守ることにつながります。お店は「手荒れ対策が充実したサロン」として人材のリクルートの際にも、PRとして役立てることが可能です。

CONTACTお問い合わせ

弊社サービスに関するお問い合わせ、ご意見、ご要望など、お電話またはお問い合わせフォームにて承っております。
お電話での受付時間:平日 10:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

VORT Jimbocho 7F, 3-7-5, Kanda Ogawamachi, Chiyoda-ku, Tokyo, 101-0052, Japan
TEL. 03-6811-7417 / FAX. 03-6811-7418